サラリーマンも大好きなセクキャバ

赤ワインを片手に持つ女性

男性を楽しませてくれる楽しい大人の娯楽としてオススメしたいのがセクキャバです。通常のキャバクラと比べてさらに一歩踏み込んだサービスがしてもらえるセクキャバは、女性に触れることを好む男性が足しげく通うことも珍しくありません。その秘密はセクキャバが女性と至近距離で触れ合えるサービスだからです。セクキャバは女性が近い距離に来てくれるのはもちろんのこと、胸にタッチすることができます。おっぱい好きの男性なら間近で見る女性のおっぱいの迫力に夢中になってしまうのは当然で、セクキャバで何もかも忘れて一心不乱に楽しみたいと考える男性は多いです。しかもそれほど高過ぎるわけではない手頃な料金で遊べますから、ごく普通のサラリーマンがセクキャバを利用するパターンも多いです。

サラリーマンが訪れるセクキャバ

大阪でサラリーマンが訪れるセクキャバといえばオフィスの多い梅田やミナミ、それから京橋や十三などの飲み屋街がある場所を想像する人も多いかと思います。しかしここ数年で徐々に注目度を上げているのが西中島南方エリア。意外とオフィスビルの多い新大阪や江坂などビジネス街から近いこともあって、西中島南方の駅前には夜になると結構大勢のサラリーマンの姿を目にすることがあります。特に週末の夜や金曜日の夜には、飲んでちょっと良い気分になりながら千鳥足で歩いている人も多いですね。西中島はミナミや梅田なんかと比べると大きい箱のお店は少なく、全体的にちょっとこじんまりとしているお店が多めな印象です。西中島にあるセクキャバで遊ぶなら、お昼は避けて夜にしたほうが無難です。というのも西中島は飲み会帰りのサラリーマンや仕事帰りのサラリーマンが多いこともあって、あまりお昼から営業しているセクキャバがありません。「とにかく女の子のオッパイを楽しめればOK!」ということであれば、いつの時間帯のどのよう日に訪れても24時頃まではどこかしらのセクキャバは営業しているかと思いますが、せっかくセクキャバで遊ぶならある程度クオリティの高そうなお店を選んでいきたいという人が多いはず。選びたいならやっぱりメインとなる夜の時間帯に遊ぶのがオススメです。西中島・新大阪エリアにはセクキャバが全部で10件弱ありますので、好みの女の子がいるお店や好みのコンセプトのお店を選んで遊ぶと良いでしょう。

セクキャバでお得に遊ぶ

セクキャバでできることは至ってシンプルなのですが、女性のオッパイという魅力があるからこそ男性は本能的に惹きつけられます。シンプルなサービスだからこそ、女性に対して本能的になれるのでストレス解消にはもってこいですし、たまに利用するぐらいなら金銭的にもそれほど痛くありません。利用しやすくて存分に楽しめるところが、セクキャバで男性が遊ぶ大きな理由です。西中島のセクキャバは1セットあたりの時間は40分、値段は7,000円から10,000円程が平均的な価格帯となっています。基本的に税サ別になっているため平均すると8,000円から9,000円程となってきて、そこに指名料やキャストのドリンクが乗ってくると、キャバクラよりは安いけどやっぱり高い!となりがちです。しかしそれはお得な遊び方を知らないからかもしれません。セクキャバは他の飲食店やキャバクラと同様に、クーポンを使って安く遊ぶことができます。指名のクーポンは少なく、基本的にはフリーになりますが、1セットあたりの値段が安いお店だと4,000円程まで下がります。平均すると5,000円前後なので、そこからもしプラスで料金がかかったとしても、延長したり女の子にお酒をご馳走しすぎたりしなければ1万円でお釣りがくるぐらいの金額で遊ぶことができます。西中島のセクキャバは基本的に料金前払いなので、途中で追加するにしても支払いが発生するため、お金を使いすぎていた場合すぐに分かりますし、決められたお金で遊ぶという調整が行いやすいです。

トップへ戻る